2011/8/23

ECサイトでのクロスセルに効果的なレコメンド機能


ECサイトでのクロスセルに効果的なレコメンド機能
あなたのECサイトにレコメンド機能はありますか?

ECサイトのレコメンド機能とは、アマゾンの「よく一緒に購入されている商品」「この商品を見た後に買われている商品」のように商品をさらにレコメンデーション(推薦)する、今や一般化した機能です。

ECサイトのレコメンドは直接的にクロスセルに繋がり、顧客単価UPを可能にします。
それだけでなく、ユーザを様々な商品ページに誘導することができるので、サイトの回遊性が高まり、サイト全体のPV数増加にもつながります。

また、ランキングコンテンツなどは随時情報が入れ替わるため、ECサイトの更新性向上にもつながりますね。

いろいろな方法でユーザをナビゲーション

商品をレコメンドする方法も様々です。

通常のECサイトのレコメンド
おなじみの「この商品を買った人はこの商品も買っています」です。
ユーザの行動履歴(閲覧・購入など)に基づいてレコメンドします。

ECサイト内ランキング
閲覧ランキング、購入ランキングなど。

・リマインド/あしあと
「最近チェックした商品」といった閲覧履歴のあしあとや
カート投入履歴、購入履歴をリアルタイムで表示させることができます。

・新着商品/再入荷商品/値下げ商品
登録されたばかりの商品などをリアルタイムで表示させます。
新着商品の露出を増やしたり、値下げ商品の注目度をUPさせたりできます。

・ランダム
人気商品、または、不人気商品を意図的に表示させたりします。

・オーダーライン
受注状況に基づいて、最新の売れ行き情報をリアルタイムに表示させます。
楽天市場でもよく見かけますね。売れてる感の演出にも。

このように、いろいろな方法でユーザをナビゲーションすることができます。

ECサイトのレコメンドの機能とは?

レコメンド機能が導入されたECサイトでは、
簡単な設定で売りたい商品の露出を高めることができます。

・ECサイトの商品ごとの個別設定
商品Aを買った人には必ず商品Bを勧める、のような設定です。

・ECサイトのランキング表示操作
ランキング表示の任意の順位に特定アイテムを設定できます。

・ECサイトのランダム表示操作
意図的にレコメンドする商品を設定します。
人気のない商品を露出させたり、売りたい商品を積極的に表示させます。

最近のECサイトレコメンドエンジンはより高機能なものになっており、
様々な販売戦略に対応する細かい設定ができるものが多いようです。

各表示枠の中でも並び順を買えたり、カテゴリごとに表示させたり、
ある条件でフィルタリングさせる、などといったレコメンド操作が可能です。

テキスト(商品のテキスト情報を元にレコメンドの制御を行うテキストマイニング)や
ユーザの行動履歴、注目度、新着度などのうち、”どれを重視してレコメンドするか”
というロジックを細かくチューニングできるタイプもあります。

また、費用対効果を見極めるための効果測定がしたい、という方には
レコメンド枠表示回数、クリック数、CV数などの効果測定機能は重要ですね。

—–

ECサイトのレコメンド機能って、ユーザの視点で見ても本当に便利なんですよね。
上の方に”いろいろな方法でユーザをナビゲーションできる”と書きましたが、
まさにナビゲーションだと思います。

ECサイトを利用するユーザ側から見たレコメンド機能は、
「こちらの商品を一緒に買うと便利ですよ」「買い忘れはありませんか?」と
親切な店員さんにオススメされるような感じですよね。

「さっき、この商品を見てましたよね?」と言われることはさすがにありませんが、
比較して買いたい時は、あしあと機能(閲覧履歴)も重宝します。

ユーザが便利だと感じる機能で、クロスセル・顧客単価UPにつながるのは素敵ですね!
また、ECサイトが乱立する時代、少しでも使いやすいサイトへユーザは移っていまいそうです。
レコメンド機能も含め、ECサイト全体を見直してみてはいかがでしょうか?

▽高機能レコメンドシステムの導入もご相談ください!
ECサイト構築パッケージ「EC-Orange」
http://ec-cube.ec-orange.jp/


運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/