2011/12/8

ECサイトでのクラウド活用



クラウド“というキーワードを目にする機会が爆発的に増えてきましたね。弊社ECサイト構築パッケージ「EC-Orange(ECオレンジ)」でも、クラウドを利用したいというお客様が非常に増えています。今回はECサイトでのクラウド活用とはどんなものなのか、メリット・デメリットについて考えてみます。

クラウドとは?クラウド利用のメリットは?

その前にクラウドとは何かのおさらいです。

クラウドとは、サーバなどのハード機器やその上で動くソフトウェアを自社で持たず、クラウドサービス事業者の管理する環境・サービスをネットワークを通じて利用する形態のことを言います。「所有」ではなく、「利用」です。逆に自社で所有・運用する形態をオンプレミス型と呼びます。

ちなみに、クラウドにはアプリケーション層、プラットフォーム層、インフラ(基盤)層があります。アプリケーションサービス層はエンドユーザーが利用するアプリケーションを提供する層、プラットフォーム層がアプリケーション実行用のプラットフォームを提供する層、インフラ(基盤)層がサーバやストレージといったハード部分の機能を提供する層を指します。


ECサイトでクラウドを利用するメリットは、主に(1)コストダウン、(2)スピード、(3)フレキシブルが挙げられます。

(1)コストダウン

ハード機器やその上で動かすソフトウェアを自社所有しなくて良いので、初期導入費用の負担が少なくすみます。また、サーバなどを設置する物理的スペースも不要、管理・メンテナンスをする人件費も不要になり、ランニングコストも抑えることができます。

(2)スピード

上記同様、自社所有ではないので、ハードの調達や環境構築・設定にかかる時間を大幅に短縮できるため、スピーディーに導入できます。

(3)フレキシブル

必要なときに必要なだけ、状況に応じて柔軟な運用ができます。アクセス数が増えて負荷が上がってきたのでサーバを増やす、逆に閑散期に入ったのでサーバを減らす。というように、必要なリソースを必要な分だけ利用することができます。たいていのクラウドサービスは従量課金制であることが多く、利用料もフレキシブルで無駄がありません。

ECサイトでのクラウド活用

弊社ECサイト構築パッケージ「EC-Orange」もクラウド対応しています。主にインフラ面でクラウドサービスを利用し、サーバ等を自社で保有することなく、ECサイトを運用することが可能です。

この場合、急激なアクセス増加にも柔軟に対応でき、従量課金によって無駄なコストを削減することができます。また、初めてECサイトを構築する場合など、アクセス量の予想が難しい場合もクラウド環境を利用することによって無駄を省くことが可能です。このような理由により、最近ではECサイト構築時にクラウド利用を検討するEC事業者様が増えています。

この季節、クリスマス商戦・年末商戦などに向けてキャンペーンやセールを打ちだすEC事業者様も多いかと思います。テレビや雑誌などマスメディアに広告を打つ事業者様などは特に、サイトへの急激なアクセス増加・高負荷に注意が必要です。「せっかく広告費をかけたのに、ECサイトが機能しなかったために思うように受注が伸びなかった」という事態は避けなければなりません。

弊社でも、インフラ面でクラウドを利用することで急激なアクセス増加に柔軟に対応できたキャンペーンなど、クラウド対応事例が増えています。

—–

いかがでしょうか?

通信ネットワーク技術の向上、サーバ管理の合理化など、様々な要因がありますが、クラウドは一過性の流行語ではありません。今後の技術の進化とともに、よりクラウド利用が拡大していくことは間違いありません。

ですが、安易にクラウド利用に手を出すのではなく、ニーズや状況に応じて、最適な手段を”選択”することが重要です。EC-Orangeでは、クラウドサービス事業者様と連携してのイベント出展やECサイトにおけるクラウド活用セミナーを行うなど、知識・ノウハウも豊富です。

ECサイト構築またはリニューアルをご検討中で、クラウド利用をご検討されている場合は、一度ご相談ください。

▽弊社ECサイト構築パッケージ「EC-Orange」~クラウド対応について
http://ec-cube.ec-orange.jp/about/technology/cloud.html