2013/1/25

『日経産業新聞』にエスキュービズムの飲食店向けオーダーエントリー「Orange Handy(オレンジ ハンディ)」が掲載されました。


本日、『日経産業新聞』にエスキュービズムの飲食店向けオーダーエントリー「Orange Handy(オレンジ ハンディ)」が掲載されました。



「Orange Handy」は飲食店の店員さんが使う注文入力(オーダーエントリー)のシステムをiPad miniで実現したソリューションです。

従来の専用端末の代わりに(導入コストが大幅に抑えられ汎用性にも優れている)iPadやiPhoneといったスマートデバイスで注文入力を行うソリューションは既に存在しますが、「Orange Handy」ではiPad miniを端末として採用しました。iPadなどタブレット端末では重すぎる、iPhoneなどスマートフォンでは画面が小さすぎる。エスキュービズムではiPad miniならではのちょうど良い画面サイズ、軽さ、本体サイズに着目しました。iPad miniをオーダーエントリー端末として活用するソリューションは世界初となります!※当社調べ

また、大きな特長としては「2タップオーダー」があります。誌面でも紹介されていますが、”画面を2回操作(タップ)すればどこからでも目的の商品(料理メニュー)にたどり着ける”設計をしています。毎日何度も行う操作だからこそタップ数をできる限り減らすことを目指し、パッと見て理解しやすい、両手で持って操作しやすい、”使いやすい画面UIデザイン”を追求しています。※「2タップオーダー」については現在特許出願中(2013年1月現在)。



もちろん、入力したオーダー内容をキッチン側のプリンターで出力するためのプリンター連携も可能です。ご希望に応じてPOSレジ「EC-Orange POS」と組み合わせることにより、飲食後の会計もiPadでスムースに行うことができる他、売れ筋メニューや客単価などの販売分析も可能になります。

ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

※掲載された記事につきましてはこちらからPDFでご覧頂けます。

▽飲食店向けオーダーエントリー「Orange Handy」
http://ec-cube.ec-orange.jp/pos/oes/

▽iPadを使ったPOSレジソリューション「EC-Orange POS」
http://ec-cube.ec-orange.jp/pos/