他社製品との違い

導入コスト、機能、操作性、拡張性。総合パフォーマンスでお客様のビジネスに優位性があります。

従来の専用ハード型POSシステムと「Orange POS」、一般的な他社様タブレットPOSの違いや、そもそもタブレット型POSシステムを導入・乗り換える場合のメリットをご紹介します。

EC-Orange POSの特長

従来のPOSシステム

導入コスト
ソフト・ハードともに手間・コストが大きく、新規導入、追加出店時の増築の際にも高額費用が発生してしまう。
機能
発注業務・勤怠管理など店舗運営の周辺業務を包括する機能が備わっている一方、不要な機能が煩雑というケースも。
操作性
各社製品で共通する部分もありスタッフが操作に慣れているが、システムに合わせた運用も一部必要に。
拡張性
基本的にカスタマイズが難しく、独自仕様にするにはかなり高額のコストが発生してしまう。

EC-Orange POS

導入コスト
店舗規模、運用形態にあわせてソフト・ハードの導入組合せを柔軟に選択できるため、最小限の導入コストで運用スタート。
機能
会計機能、在庫・顧客情報閲覧、プロモーション機能の他、販売分析、CRMなどの機能も充実。
操作性
タブレットでの直感的な操作が可能。店舗ごとの独自の業務フローに合わせた設定も可能
拡張性
独自の機能追加はもちろん、大規模対応、基幹システムや他社アプリとの連携など、カスタマイズが比較的容易。

一般的なタブレット型POSレジ

導入コスト
ASP型のように導入コストが不要/安価。導入もAppStoreから端末にインストールするだけなど、手間もかからないものが多い。
機能
会計業務に特化しているため、機能が限定されている。
操作性
タブレットでの直感的な操作が可能な反面、商品登録などバックオフィス業務の操作性が低い。
拡張性
ASP型などではカスタマイズは難しい。仕様上、大量データ処理が必要な大規模(多店舗)展開での運用には不向き。

タブレット型POSシステムの導入・乗り換え「8つのメリット」

特に、店頭に置く端末にもファッション性を重視するアパレルや宝飾・アクセサリー、ヘアーサロン、飲食業などの分野で、ニーズが高まっています。また、POSメーカー各社が提供するPOSターミナルの過度なスペック競争の結果、値段が高騰し、POS機能を必要としながらも導入に踏み切れない中小規模のユーザー層が多く、こうしたニーズの受け皿としてもタブレットPOSが注目されています。需要の9割以上がリプレースで構成されると言われるPOS市場。今後、レガシーPOSからタブレットPOSへの乗り換えはますます進んで行くと予想されます。

  • コスト削減

    一般的なPOSシステムの場合、レジ端末価格が10万円以上で、販売情報集計システムの導入費用などを含めると、初期費用で100万円を超える場合があります。

    しかし、タブレットPOSの場合、安価なタブレット端末を利用することで初期費用を10万円以下に抑え、クラウドサービスと連携させることで月額数千円から利用できるサービスもあります。高価すぎて従来のPOSの導入に踏み切れなかった零細企業、個人事業者がタブレットPOSを導入し始めています。

  • 豊富な管理機能

    リアルタイムな売り上げ管理

    全店の売り上げがオンライン上にリアルタイムで反映・集計されるので、店舗が複数ある場合、店舗と本部が離れている場合でもリアルタイムな売り上げ管理ができます。

    簡単な在庫処理

    返品・誤打の訂正・廃棄処理といった売り上げにならない在庫移動にも対応しています。手入力で在庫調整が完結するので、面倒な作業が必要ありません。

    担当者別に売り上げ計上

    レジの担当者を店舗ごとと全店共通で設定することができます。担当者別に売り上げを確認することもできるので、アルバイトの管理や引継ぎ、後日の返品対応などにも役立ちます。

  • 充実した分析機能

    販売データをクラウド上で集計し、商品ごとの売り上げ傾向を分析できます。

    ABC分析による在庫調整や重点商品の販売促進、RFM分析・CPM分析による顧客の囲い込み施策など、POSレジの情報を活かしてあらゆる角度から現状分析ができます。

    蓄積されたCRM情報をもとにお客様が買いそうな商品をシステムが分析するので、スタッフのスキルに頼らない高度な接客が可能になります。

  • プロモーションツールとしての活用

    事前に商品画像と詳細情報を登録しておけば、商品が手元になくてもその場で紹介・会計処理を行うことが可能です。

    欠品時やイベント、他店舗やECサイトで扱っていてもその店舗で扱っていない商品がある場合など、様々な場面で取りこぼしを防ぐことができます。

    また、商品知識の少ないスタッフでも、商品の詳細情報を確認し正確な情報をお客様に伝えることができるため、接客の質の向上につながります。

  • 持ち運びができ、すっきりしたレジ周りを実現

    PC型のPOSが大きく、動かすことが難しいのに比べ、タブレットはどこにでも持ち運びできる点がメリットです。見た目にもスタイリッシュで、インテリアや雰囲気にこだわる業種にとってタブレットPOSが喜ばれています。

    実際にタブレットPOSを選択した店舗からは、「せっかく内装にこだわった新店舗に、大きなレガシーPOSを置きたくなかった」という声も多く聞くことができました。

  • アルバイトでも簡単利用

    タブレットの直感的な操作性によって、機能を覚えるまでの手間が省かれ、ひとつひとつの作業の効率化が可能になります。ボタンの配置などを覚える必要がないため、年配のスタッフでもすぐに使用することができます。

    人材育成にかかっていた時間やコストを削減できるため、イベント開催などで一時的なアルバイトを雇用することの多い企業にとって、導入の決め手になるポイントです。

  • ECサイトとの連動

    ネットで売れても店舗で売れても在庫は一元管理したいところです。タブレットPOSとECサイトを連動させることで、これまで手作業だった在庫調整が不要になり、ECと店舗の相互送客やWEB上の顧客情報、購買履歴を利用した店舗プロモーションなど、多様な売り上げ向上施策が可能になります。ECサイトを運営する企業にとって非常に便利な機能といえます。

  • 機能追加しやすい

    店舗の規模・業態に合わせてハードを組合せることができるので、店舗の拡張にも無駄な投資が必要ありません。またWebベースのシステムなので、商品特性やターゲットに合わせた機能拡張・外部システムとの連携も可能です。

EC-Orange POSへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

資料のご請求

EC-Orange POSの紙資料をお送りいたします。

資料請求はこちら

資料ダウンロード

ダウンロードしてご覧いただける資料をまとめました。

ダウンロードはこちら

  • POSシステムとは?
  • 免税セルフレジについて 外国人観光客へのセルフ会計対応
  • EC-Orenge「小売☓IT」のミライを考えるブログ
  • お役立ち資料無料ダウンロード
  • お役立ち資料無料ダウンロード
  • お役立ち資料無料ダウンロード