飲食店でのPOS活用 「EC-Orange POS」について

オシャレな空間になじむPOS

EC-Orange POSはiPadを端末として使用するので、カフェのオシャレな空間に設置しても違和感のないスッキリとしたデザインです。スタンドに置いて通常のレジ操作だけではなく、スタッフが持ち歩いてお席に伺いその場でお会計をすることも可能です。

カフェ特有の注文フローに対応した「カフェモード」を搭載しているので、お会計作業をよりスムーズに行うことができます。

お会計を「店内」と「持ち帰り」に分けることができます

会計ボタンを「HERE(店内)」と「TO GO(持ち帰り)」に分けることができるので、商品の準備をよりスムーズに行えるようになりました。

「HERE」と「TO GO」の文字は、キッチンプリンターから出力されるオーダーレシートに印字することができます。
キッチン側で伝票を確認したときに、「HERE」ならばお皿に盛り付ける、「TO GO」ならば包んで紙袋へ、というような作業内容がひと目でわかります。

調理が必要な注文だけキッチンプリンターへ送信できます

レジで受けた注文のうち、キッチンで調理が必要な注文だけをキッチンプリンターへ送信することが可能に。

例えば、手作りサンドイッチとドリンクを注文された場合、ドリンクに関する注文は口頭でスタッフに伝えカウンターからすぐに手渡し、
調理が必要な手作りサンドウィッチは厨房で調理後に渡す、といった作業をスムーズに行うことができます。

レシートに番号や名前を印字し、番号札との照らし合わせや呼び出しをサポートします

レジでのレシートや、オーダーレシートへ、任意の番号や名前を入力することができます。

例えば、キッチンで完成した料理と一緒にオーダーレシートをトレーに乗せ、ホールではテーブルで待つお客様の番号札と
照らし合わせてお渡しすることで商品を渡し間違えることを防ぎます。名前を入力していると、名前での呼び出しも可能になります。
また、団体のお客様の注文に共通の番号を割り当てることで、複数の料理のタイミングを合わせてテーブルへ運ぶこともできます。

次は「居酒屋での活用」を見る

次は「居酒屋での活用」を見る