他のオーダーエントリーシステムとの比較

従来の専用ハード型オーダーシステムと「Orange Handy」、一般的なiPhone/iPod touch型OESの違いをまとめました。

Orange Handy 従来のハンディターミナル 一般的なiPhone、iPod touch型OES
端末
Wi-Fiモデルで308g。軽すぎない適度な重さと持ちやすい本体サイズが最適なバランス。画面が広く視認性も高い。
端末
折りたためるのでエプロンに入れやすい。電池で動くため本体重量は重くなる。
端末
携帯性に優れるが、画面が小さく表示できるメニューが限られ、軽すぎるため手から抜け落ちやすい。
導入コスト
iPad mini はiPhoneの半額程度、一般的な専用端末の約1/5の価格で購入可能。不慮の落下・浸水などのリプレースも容易。
導入コスト
ソフト・ハードともに手間・コストが大きく、新規導入、追加出店時の増築の際にも高額費用が発生してしまう。保守費用も高額に。
導入コスト
ASP型だと導入コストが不要/安価。導入もAppStoreから端末にインストールするだけなど、手間もかからないものが多い。
機能
メニュー注文機能や配膳状況確認機能など、飲食店でのオーダーエントリーに最適化された機能を標準搭載。メニューやアレルギー情報をビジュアル的に表示。
機能
オーダーエントリーに必要な機能はそろっているが、メニューの追加・変更に手間がかかる。
機能
注文受付に特化しているため、機能が限定されている。
操作性
特許取得のユーザーインターフェースを採用。すべての操作を2タップ以内で行うことができ、新人スタッフでもすぐに操作可能。
操作性
メニューの階層構造が複雑でボタンも固定されているため、スタッフが操作に慣れるまでに時間がかかる。
操作性
iOSから得られるメリットはあるが、画面の大きさに制約があり、操作ミスや時間ロスの原因に。

「Orange Handyについて」に戻る

「Orange Handyについて」に戻る
お問い合わせ 資料請求
30日間無料トライアル

ただいま、EC-Orange POSを30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアル

お問い合わせ/資料請求/デモ依頼(無料)申込みから回答までの流れ

資料ダウンロード
資料ダウンロード
資料ダウンロード
bottom_line
top_line