EC-Orange POSが多店舗・チェーン店に強い理由

多店舗展開ならではの課題を解決するPOSシステム。それがEC-Orange POS。

POSシステムに備わっている機能は「販売管理」「顧客管理」「在庫管理」など様々ありますが、多店舗展開をしている小売店や飲食店にとって最も大切な機能は「本部と店舗間のリアルタイムデータ共有」です。

多店舗展開ならではの課題と、データを全店で共有できるタブレットPOSだからこそできる解決策をご紹介します。

多店舗向けオムニチャネルPOSとは

多店舗向けオムニチャネルPOSは、約200~500店舗を展開する企業向けに開発したPOSシステムです。従来のPOSシステムとは異なり、Eコマ―スの視点から開発を行いました。これにより、ECと実店舗との連携も簡単にでき、顧客の囲い込みや会員の満足度を向上させるなど、オムニチャネル化の実現を助ける様々な特徴を持っています。

多店舗向けPOSとオムニチャネル化に必要な機能がひとつになりました。

タブレットPOSレジ専用オリジナル什器

現金を扱うレジは消費者に対しても店舗スタッフにおいても、操作のしやすさ、安定感・安心感が重要です。タブレットをむき出しで利用せず、専用オリジナル什器で覆うことで従来のレジ形態と操作性を維持踏襲し店舗オペレーションに支障が出ないよう配慮した設計です。

タブレットPOSレジ専用オリジナル什器

多店舗展開でよくある課題と解決策

課題1全店を通じた顧客分析、販売分析ができない。

店舗ごとに会員情報を管理しているため、本部がデータを統合するのに時間がかかり管理も煩雑になる。また、店舗ごとに取得している顧客情報がバラバラで、いざメルマガ配信をしようとしたり、客層にあわせた新商品開発をしようとするときに、必要なデータの抽出や比較分析ができない。

解決1全店舗の情報をデータベースで一元管理。的確な分析ができます。

全店舗で同じ会員情報登録画面を表示し、同一項目のデータを取得することで、全店共通の顧客データベースを作成することができます。タブレット型POSシステムなので入力もカンタン。各店舗で情報を入力するだけでOKなので、本部でのデータ精査が不要です。メルマガを送る際には、顧客の好みに合わせた商品を紹介したり、効果的なクーポンを配信することができます。また、ABC分析による在庫調整や重点商品の販売促進やRFM分析・CPM分析による顧客の囲い込み施策など、情報を活かしてあらゆる角度から現状分析をすることができます。

課題2商品マスターの登録・編集が煩雑になる

それぞれの店舗で新商品の登録や価格変更を行っており、時間を無駄にしている。店舗で登録した情報が本部データに反映されるまでにタイムロスが発生し、データが重複するなどの不具合が発生する。

解決2商品マスターを本部で一括管理できます

本部で登録した商品マスターを、各店舗のPOSに一括で反映することができます。店舗ごとの登録の手間を省くことができ、商品名・価格などの情報の統一が可能です。新店舗をオープンするときも、簡単にデータを複製できます。また、店舗が個別に商品マスタを登録したとしてもリアルタイムで全店に情報が共有されるためデータが重複して登録されることはありません。さらに複数店舗の在庫を一元管理できるため、いつ、どこに、どの商品が何個あるのかひと目で確認することができます。

課題3顧客情報がスタッフ間で共有されない。

過去の接客履歴が担当スタッフの頭の中にしかなく、店員間で共有される仕組みがない。そのため上得意客なのに一見客として接してしまうことがある。どの店舗でどのようなお客様が来店しているのかを、本部が把握できない。

解決3顧客情報を一元管理、接客の質が向上します。

会員の個人情報や接客履歴、購入履歴、アンケート内容などを統合顧客データベースに登録することで、全店でお客様情報を共有することができます。タブレットから顧客カルテ、購買履歴、他の店舗での接客メモ、好みの商品などの情報を素早く確認することができ、ライバル店とは違うワンランク上の接客をすることができます。

課題4レシートによる売上集計で計算ミスが起こる。

各店舗がレシートで日々の売上集計を行っており、本部にはレシート内容がFAXで送られてくる。店舗によって税込・税別などの表示方法が異なったり、「総売上」と「純売上」の認識に違いがあることにより、本部の売上集計作業が煩雑になる。

解決4オンラインの売上集計で計算ミスをなくします。

インターネットで全店の売上がリアルタイムに反映・集計されるので、レシートに印字しなくても複数店舗の日計の売上集計が可能です。各店舗にとっても日々の店閉め作業を圧縮することにつながります。また、一日の中間売上を出力することもできます。店長や統括マネージャーは店舗にいなくても売れ筋商品やピークタイムを把握することができ、効果的な販促施策を立てることが可能となります。

課題5重要書類の紛失による情報漏えいのリスクがある。

会員登録用紙や配送伝票、日計精算レシートなど、重要書類を紙で管理することにより、書類の紛失や情報漏えいのリスクがある。また、本部もFAXで送られてきた書類をファイリングしたり、ほしい資料を探すのに時間がかかる。

解決5デジタル管理により情報を安全に保管します。

会員情報や売上情報をタブレットで入力するため、店舗で重要書類を保管するリスクから解放されます。また、デジタルデータで管理されるため必要な情報はすぐに検索することができ、本部も各店舗も情報管理にかかる時間を削減して本来の業務に専念することができます。

多彩なレジ機能が満載

  • レガシーを踏襲した機能と操作感。タブレットでもスムーズな移行を実現。

    レガシーを踏襲した機能と操作感。タブレットでもスムーズな移行を実現。

    レガシーPOSからタブレットPOSへの移行における一番の懸念点は、「機能」と「操作感」という声を多く聞きます。Orange POS Plazaでは、レガシーPOSの金種別釣り銭制御や部門による販売機能といった機能、そしてキーボードを利用した操作感を踏襲しており、スムーズな移行を実現することが可能です。

  • 店員が値引パターンを覚える必要なし!自動値引でオペレーションミスも「0」に。

    店員が値引パターンを覚える必要なし!自動値引でオペレーションミスも「0」に。

    日々変化するセールやキャンペーン情報。店員への周知は大規模店舗ならではの課題です。 Orange POS Plazaでは商品の購入パターンに応じた自動値引を設定できるため、店員が膨大な値引パターンを覚える必要がありません。値引も単品/単価/小計で設定可能であり、商品個別はもちろん、数量、商品の組み合わせ、購入額に応じた逓減割引など、様々な条件でのパターンを自由自在に設定できます。

  • 会計前のアップセルイベントで売上単価UP。セール情報の共有は画面で自動表示。

    会計前のアップセルイベントで売上単価UP。セール情報の共有は画面で自動表示。

    Orange POS Plazaでは特定の条件に一致する顧客を、アップセルイベントに紐付けることができます。 日々変動するセールやキャンペーン等、適用可能なイベントが会計画面に表示されるため、店員が忘れてしまう心配もありません。お客様側にはサイネージを利用してレコメンドを情報を、店員側にイベント用のトークスクリプトを表示し、双方向から売上単価UPを図ることが可能です。

  • 中断した会計はいつでもリスタート可能。復活用QRコードは集客ツールにも活用可能

    中断した会計はいつでもリスタート可能。復活用QRコードは集客ツールにも活用可能

    意外と多い会計中の操作もOrange POS Plazaなら大丈夫です。会計保留を行なうと、中断までに操作した全ての情報を保持したQRコードを発行します。QRコードを読み取ることで、いつでも中断時点の情報を呼び出し、処理を継続することができます。また、予めキャンペーン商品や値引情報などを組み込んだQRコードを作成しDM送信すれば、会計時にコードをかざしてもらうだけで簡単に該当のサービスを提供することができます。

「使いやすさ」と「分かりやすさ」にこだわった設計

  • 開店前の業務を完全フロー化。作業忘れやスタッフの迷いを排除した安心設計。

    開店前の業務を完全フロー化。作業忘れやスタッフの迷いを排除した安心設計。

    どうしても発生してしまう開局処理の忘れ。Orange POS Plazaでは、理論在高の登録~実在高(釣銭準備金)の登録~商品情報の同期という開店に必要な開店業務を完全フロー化。開店業務無しに通常業務が行えないよう制御を行っています。また、各処理を行った際に確認用のレシートを印字しています。このレシートを元にエラーの検知や店員間での申し送りに活用することが可能です。

  • 商品データは同期により端末に保持。オフライン時でも会計処理が可能。

    商品データは同期により端末に保持。オフライン時でも会計処理が可能。

    開店業務で行なう「商品同期」により、商品データを端末内に保持しています。商品データを端末に保持することで、毎回のサーバーへの参照が不要となるため、ネットワークの負荷を軽減し、商品スキャニングをスピーディに行うことができます。オフライン時でも端末内データを用いて会計することができます。

  • 視認性の高いUI設計。オペレーションミスをとことん防止。

    視認性の高いUI設計。オペレーションミスをとことん防止。

    ”同じような”画面、”似たような”ボタンがたくさんあるレガシーPOSでは、オペレーションミスを防ぐのも一苦労です。視認性の高いアイコンやボタン配置を行い、返品や取消といった通常処理とは異なる画面では、特にオペレーションミスを防止するために、背景色を変更するなどユーザーインタフェースにもこだわった設計となっています。

  • キーボード入力とタッチ操作を混在させることにより、重要なアラートの見落としを防ぐ。

    キーボード入力とタッチ操作を混在させることにより、重要なアラートの見落としを防ぐ。

    キーボード操作に慣れてしまうと、例えばEnterキーを連打するなど、重要なアラートを見逃してしまうことにもつながります。そこで、Orange POS Plazaでは、タブレットの特徴であるタッチ操作と、従来のキーボード操作の両方を採用し、処理の一連の中に混在させることによって、重要な処理を行う際は、敢えてキーボード入力からタッチ操作に切り替えるなど、流れ作業になってしまうことによるオペレーションミスの防止を考えています。

EC-Orange POSへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

資料のご請求

EC-Orange POSの紙資料をお送りいたします。

資料請求はこちら

資料ダウンロード

ダウンロードしてご覧いただける資料をまとめました。

ダウンロードはこちら

  • POSシステムとは?
  • 免税セルフレジについて 外国人観光客へのセルフ会計対応
  • EC-Orenge「小売☓IT」のミライを考えるブログ
  • お役立ち資料無料ダウンロード
  • お役立ち資料無料ダウンロード
  • お役立ち資料無料ダウンロード