建築業界向けCTIシステム『 Orange CTI 』

  • OrangeCTI導入事例インタビュー

OrangeCTI導入事例インタビュー

納得住宅工房株式会社 様

事業内容

納得住宅工房株式会社(以下納得住宅工房)は1999年に創業の住宅会社。企業利益優先の住宅業界の体質に違和感を持ち、「すべてはお客様のために」を理念として掲げる。
そのため、耐久・耐震はもちろん、体に優しい自然素材をふんだんに使用し、自由度の高い設計、提供価格を抑えるために海外から独自ルートで建材を仕入れ、上質な家具や設備を自社開発するなど、顧客満足度の向上に全力を注ぐ。
さらに特筆すべきは「ホスピタリティ」を強く意識している点。お客様対スタッフではなく、個人対個人の付き合いになるよう、親しみと愛情を感じていただける対応を心掛けている。お施主様と一生涯お付き合いしていきたいとの想いから、住宅のアフターメンテナンスはもちろん、お施主様向けのイベントの開催だけでなく、レストラン事業、アパレル会社も立ち上げ、定期的に交流を図れるよう、他社にはない充実したアフターフォローも展開。


今回お話しを伺ったのは

納得住宅工房株式会社
http://www.nattoku.jp/

常務取締役
志村 和哉 様

Q1導入以前の課題

自社の強みである「アフターフォロー」にも、改善の余地が残されていた

納得住宅工房はトータルにお住まいをプロデュースするだけでなく、納得住宅工房が存在する限り永年続けるという独自のアフターフォローの定期点検、お引き渡し後のお客様を対象にしたイベントなどのお付き合いと、業界では珍しい徹底したサービス、アフターフォローを行っております。 そのような特性上、お客様からのお問い合わせも多く、お客様からのお電話があった際には、住所等を聞き出し、既存のシステムから検索しご対応と、ひと手間かかるオペレーションでした。

このひと手間のストレスを削り、お客様への対応をスムーズにすることで、自社の強みをさらに強めていきたいという想いは常々ありました。

Q2導入の検討と決め手

建築業界向けCTIシステムで、お客様の信頼をさらに強くすることができるシステム

「Orange CTI」はお客様からお電話がかかってきた瞬間に、ディスプレイ上に顧客情報がアップされるので、電話対応がスムーズかつ丁寧に余裕をもって対応できます。

また顧客情報には写真も添付出来るので、直感的にお客様を思い出すことができ、物件等の詳細な情報も記憶からひきだし易くなります。さらに、お客様の状況も事前に分かるので、お客様への対応にしっかりウェイトを置くことができます。 その様なOrangeCTIを、「お客様の信頼」と「業務効率化」に役立つシステムだと思い、今回導入を決めました。

Q3今後「OrangeCTI」を使ってどう自社を成長させていくのか

親しみを込めてお名前をお呼びし、スムーズな対応でさらなる信頼を獲得していく

今後は、即座に顧客情報が確認できるフローを最大限活用し、より事細かに、より深く、さらなるお客様の生涯パートナーとしての関係を築いていきたいと思います。
万が一、お家のトラブルが発生し不安な気持ちの中、お施主様がお電話をかけてきてくださったとします。そのお施主様の担当スタッフが不在の時、または退職してしまった時でも、電話対応したスタッフがお施主様のお名前をお呼びし、お家の状態を事細かに把握しているとすれば、お施主様にとってこれほど頼もしいことはないと思います。
お引渡し後の連絡手段の要である電話対応を向上させることで、さらなる信頼を獲得することができれば、今よりさらに安心してお施主様の大切なご友人やご家族をお任せいただけることと思います。